注文住宅のデメリットについて

新築の注文住宅には、ホームメーカーに依頼する方法と建築家に依頼する方法がある。

私たちはホームメーカーに依頼しコストを下げる方向で注文住宅を建てた。

その中で建てるまでわからなかったデメリットがある。

打ち合わせの時にあれをこうしたいこれをこうしたいと言っても建築士さんは『そのケースはどうなるかわかりません次回の打ち合わせまでに確認します』と言うことで全然話が進まない。

これは個人の建築士さんだったら違うと思うが会社と言う組織の中でやっている以上それが通常の金額で行えるものなのかをいちいち上司やメーカー、工事担当に確認してもらわなければならないのだ。

要望が多すぎて(注文住宅なので要望しなければただの建売住宅と同じだが)何を確認してもらっているのか何をまだ要望として出していなかったのか分からなくなり、半ば重要な部分以外は投げやりに決めた。

結果的にコンセントの位置や窓の高さ、電気のスイッチの場所など色々ともう少ししっかり決めさせてもらいたかったと思うものがある。

結局は一生の買い物なので、こちらもそれなりの労力を使ってもう少し真面目に家づくりに取り組んでいたらと後悔しています。

もしスイッチの場所や窓の高さまで考える労力がないのであれば確実に目で見て手で触れられる、建売住宅をおすすめします。”